スポンサーリンク

世界一面白いゲームを作るゲーム制作実況者を紹介【Hytacka氏】

Youtube
スポンサーリンク

みなさまは、この動画を見てどう思いますか?

高画質のTPS視点のゲームかな?ダクソの新作?などと思うかもしれません。

なんとこれは、個人で開発しているゲームなのです!

今回はYouTubeにてゲームの開発過程の動画投稿をしているHytackaさんについてまとめさせて頂きます。

スポンサーリンク

Hytakcaさんとは?

HytakcaさんはYoutubeにて、ゲームの開発過程の動画を投稿しているゲームクリエイター、Youtuberの方です。

【ゲーム制作実況中】Hytacka
このチャンネルでは ダークソウル・モンスターハンター・For Honor などを参考に 世界一面白いアクションRPGをつくっていきます。 皆さんの意見や感想が 「ぼくのかんがえたさいこうのゲーム」 をさらに高みへ導いてくれると信じています。

チャンネルの概要欄には

このチャンネルでは
ダークソウル・モンスターハンター・For Honor などを参考に
世界一面白いアクションRPGをつくっていきます。

Hytackaさんのyoutubeチャンネル概要欄より

とあるように、アクションゲームの製作過程を実況されています。

凄すぎる開発力とユーザー目線

まず、一番驚くべき点はその開発のクオリティにあります。

これは、実際に見て頂いた方が分かりやすいですね。

対戦ゲームにおける「後攻」はなぜ強いのか?ゲームを作りながら考える|Unreal Engineで世界一面白いアクションRPGを作る実況【ゲームクリエイターズラボ】

また、上の動画では「対戦ゲームでは後攻はなぜ強いのか?」について解説しています。

このように、視聴者にも分かりやすい説明や、ユーザー目線ももった開発をしています。

本人がダクソなどのアクションゲームのヘビーユーザーなのでできる事ですね。

ゲームクリエイターズラボ受賞に王手

さらに、Hytackaさんの開発中のゲームは「講談社ゲームクリエイターズラボ」の最終選考にまで残っています!

ゲームクリエイターズラボ

講談社ゲームクリエイターズラボは「年間最大1000万円支給するので好きなゲームを作りませんか」というキャッチコピーで募集している講談社のプロジェクトです。

動画内では、この「講談社ゲームクリエイターズラボ」の面接などの進捗状況なども説明しています。

ゲーム開発資金1000万を賭けて講談社と最終面接してきました【ゲームクリエイターズラボ】

そして2021年2月現在では、最終選考にまで残っています!

もう講談社さんはこのゲームを選んだ方がいいんじゃないかな!

まとめ

HytackaさんのYoutubeチャンネルのすごさは
「制作者が何を考えて、こういう機能を実装する」
「何に面白さを感じるからこうした方がよい。」
というのを、視聴者にも分かりやすく解説してくれています。

また、ゲームが現在進行形で成長しているのは見ていてとても面白いです。

他にはない独自のYouTubeチャンネルとなっていますので、ぜひチャンネル登録しましょう!

【ゲーム制作実況中】Hytacka
このチャンネルでは ダークソウル・モンスターハンター・For Honor などを参考に 世界一面白いアクションRPGをつくっていきます。 皆さんの意見や感想が 「ぼくのかんがえたさいこうのゲーム」 をさらに高みへ導いてくれると信じています。
この記事を書いた人
Tais

フリーランスでWebサイト制作、動画編集、広告などの仕事をしております。ゲームやe-sportsが好き、実はスロットも好き。

Taisをフォローする!
タイトルとURLをコピーしました