スポンサーリンク

まるでヴァロラントのようなスマホアプリ「Project M」が登場!

ヴァロラント VALORANT
スポンサーリンク

ヴァロラントに非常によく似たスマホゲームの「Project M」の動画が公開され、リリースも間近ではないかと言われています。
8月4日にはandroid版のベータも行われていたそうです。

そんな「Project M」が一体どんなゲームなのか、制作する会社はどんなところなのかを紹介していきます。

#ProjectM //Join the closed-beta test now

ヴァロラントについて知りたい方は下記記事を見てみてください。

【valorant】ヴァロラントって面白い?どんなゲームなのか【PC購入もアリ】
新作FPSとしてリリースされたヴァロラント 少しずつ人気になってきている中、PCを買うべきか迷っている人も多いはずです! そんな方に向けて!!
スポンサーリンク

作った会社は荒野行動・第五人格を作っている

netgames
このProject Mを作っているのはNetEase Gamesというところで、今までにも荒野行動を始め流行っているゲームをいち早くスマホアプリにしている会社です。
有名になるゲームへの嗅覚がすごい良いのか、この会社が手掛ける元となったようなゲームはどれも流行っています。

それだけでなくアプリとしてのクオリティも低くないため、PCやCS機を持っていないから出来なかったスマホユーザーを取り込み、人気を維持しています。

恐らくPC・CS機のゲームを上手くスマホアプリに落とし込むのが上手いのでしょう。
実際自分もプレイしたことがありますが、スマホ特有の操作性を上手く活かしているような気がします。

実際ゲーム・FPSに興味を持ったきっかけが荒野行動・第五人格である人はかなりいます。

ごんぽり
ごんぽり

第五人格は公式公認のスマホアプリです!

ほぼヴァロラント

#ProjectM //Join the closed-beta test now

このトレーラーを見たヴァロラントユーザーは、公式が出したものと勘違いしてしまう人も多いのではないでしょうか

Project Mは5vs5の爆破ゲーで、銃撃戦・キャラクターによって異なった能力を操り遊ぶFPSゲームとなっています。(ヴァロラントでも聞いたことがあるぞ、)

ただスマホである以上。ヴァロラントより拘束時間は短いと思います。
ヴァロラントは早くても30分長かったら1時間ワンゲームでかかります。

NetEase Gamesはスマホの調整が上手いのでそこら辺はバランス良くしてくる気がします。

明らかにセージの壁を意識したもの

ブリムのスモークを出すときの画面もほぼ一緒

キャラのアニメに出てきそうな感じも似ている

ヴァロラント

セージなんてそのまま!

ヴァロラント

スパイクの形状も似ている

他にもソーヴァのリーコン・ドローンもありましたし、レイナのディスミスもあります。

武器もオペレーター、シェリフ、ヴァンダルを意識したものもあり、ヴァロラント同様武器によってはヘッドショット1発で倒すことができ、爽快感と難しさを感じることになりそうです。

操作方法

ヴァロラント

かなり画質が悪く見にくいですが、おおむね基本のFPSと変わらず左側に射撃ボタン、右側にリロード、しゃがみがあります。

最も懸念事項のアビリティは右側のリロードの上にある3つでしょう。
右で射撃を使いながら、その上のアビリティを押すのはかなり至難の業のような気もしますが、どうなんでしょうか。

ただスマホという小さい画面の特性上このように片方の画面に押すべきボタンが固まってしまうのはしょうがないことのようにも思えます。
そのためコントローラーを持っていると、持っていない人との差はかなり付くはずです。
(下の方におススメのスマホコントローラーを紹介しています。)

ヴァロラントもアプリ化は決まっている

ヴァロラント
ヴァロラントも6月に一周年を迎え、その際の記念としてスマホアプリ化を決定しています。
ただ具体的な映像やリリース日は決まっておらず、NetEase Gamesに先手を取られてしまったような形になりました。

ヴァロラントが好きな自分としてはやはり公式が出すヴァロラントのアプリが人気になってほしいという気持ちが強いです。
しかしこのようなアプリでは最初に出たということが強く、多くのユーザーの手に触れられることにもなります

実際問題PUBGモバイルと荒野行動では自分の体感だと荒野行動をやっている人の方が多いと感じています。

スマホのヴァロラントを触って実際にPCでもヴァロラントをプレイしたいと思えるきっかけの一つとしてスマホアプリはとても大事です。

もしProjectMがリリースされるのであれば少なくとも爆破ゲーを始めて遊ぶ人が、つまらないと感じない程度のクオリティにはして欲しいです。

ヴァロラントのスマホアプリ化についての詳細な記事は以下にあります。

【VALORANT】スマホアプリ化!CSでは出ないのか
2021年6月2日にヴァロラントは1周年を迎え、とんでもないビックニュースが飛んできました! それはヴァロラントをモバイルプラットフォームで展開することを正式決定するという物でした。 ヴァロラントはこの1年で、毎月のアクティブプ...

スマホコントローラー紹介

スマホコントローラー
操作方法の部分でも言いましたが、コントローラーがあるのと無いのとでは大きく差がでると思います。
またスマホコントローラーは大きく分けて値段 操作性 カスタマイズ性 有線or無線 に分かれると考えています。

これらを元にいくつかのコントローラーを紹介したいと思います。
①レイザー(Razer) Junglecat モバイルゲームコントローラー RZ06-03090100-R3M1


 操作性〇 カスタマイズ性◎ 無線

ゲームによっては感度をカスタマイズすることもでき、FPSなどにはもってこいのコントローラーです。
レーザーというゲーミングブランドだけあって高価ではあるものの、やはりサポートや使いやすさは抜群です。

②GameSir G4 Proワイヤレスゲーミングコントローラー G4 pro

 操作性◎ カスタマイズ性〇 無線

ゲーム機のコントローラーに近いため使いやすく、値段もお買い得となっています。
ただ①に比べるとカスタマイズはそこまでできません。

③ipega Bluetoothワイヤレス コントローラー PG-9083S

 操作性◎ カスタマイズ性△ 無線

多くの機器とつなげられます。また最大20時間遊び続けることもできるためしっかりと充電するのを忘れても大丈夫です!

④IceTek モバイルコントローラー G60

 操作性〇 カスタマイズ性△ 無線

値段が安いだけあってスティックやボタンはありません。
そのためスマホを固定して4本指で操作します。

まとめ

まとめぱんだ
ProjectMを知った時自分は本当に驚いたのと、NetEase Gamesの動くスピードの速さにもはや感心してしまいました。

爆破ゲーの敷居が高く、プレイ人口が多くない理由の一つがスマホアプリ化されていないことです。
現代におけるスマホアプリは多くの人のゲームの敷居を下げ、興味を持ってもらえるきっかけになっています。

公式が作ったアプリならまだしも、このような非常に似ているゲームの評価が低くなり、結果として爆破ゲーの敷居が高いままになってしまうというのは残念でなりません。

今後さらにベータ等をやる可能性もあるので、その際は是非プレイして見たいと思います。

この記事を書いた人
Umepa

普段はゲームをやったり、課題をやったり、株をやったり、ゲームをやったりしてまったり過ごしている21歳大学生です。

FPSゲームが大好きでずっとやってきました!!
ゲームがもっともっと皆に流行ってほしい!!

Umepaをフォローする!
タイトルとURLをコピーしました